日本舞台写真家協会とは

日本舞台写真家協会は舞台写真を中心に活動する写真家たちが、舞台写真の地位の確立と技術の向上、 そして会員相互の交流などを目的として1988年に設立しました。私たちはこの協会をもとに広く舞台芸術の発展に協力します。 このホームページは日本舞台写真家協会の案内と会員や協会の活動などを広く紹介するために作られました。

沿革

1988年 創立

会長   栗原義幸
事務局長 池上直哉
会員数  27名で発足

1989年9月
第1回写真展 「舞台」舞踊・音楽・演劇
渋谷・ドイフォトプラザ 10月5日-10日
1990年9月
第2回写真展 「ときめきの時空(とき)Ⅰ」
新宿・コニカプラザ フォトギャラリー
東京    9月20日-26日
大阪    10月4日-9日
名古屋  10月18日-31日
1992年7月
第3回写真展 「ときめきの時空(とき)Ⅱ」
日本芸術文化振興基金助成事業
京セラ・コンタックスサロン銀座  7月30日~8月4日 
1993年7月
第4回写真展 「ときめきの時空Ⅲ 舞台・表・裏」
新宿・コニカプラザ コニカフォトギャラリー 7月16日~21日
1994年7月
日本舞台写真家協会 特別企画展
日本芸術文化振興基金助成事業「JAPANESE DANCE NOW」
アジア国際舞踊フェスティバル‘93協賛事業
中野区立中のもみじ山文化会館 展示ギャラリー
7月31日~8月4日
1995年4月
第5回写真展 「舞台・時代の水先案内人たち」日本芸術文化振興基金助成事業
銀座・富士フォトサロン 4月21日~27日
1997年8月
第6回写真展 「感動をつたえる達人たち」
銀座 ・富士フォトサロン 8月28日~9月4日
1997年10月~11月
日本舞台写真家協会展 海外特別企画展「舞踏の系譜」
ハンガリー ブタペスト市・スケネー劇場舞踏祭
ポーランド舞踏週間・ボズナニ市 第八曜日劇場
ポーランド ヴロツワフ市グロトフスキセンター
三会場にて巡回展示
1999年8月
第7回写真展 「新世紀への幕開け」
銀座・富士フォトサロン 8月27日~9月2日
2001年8月
第8回写真展 「舞台写真家の仕事2000-2001」
銀座・富士フォトサロン 8月30日~9月6日
2002年4月
横浜赤レンガ倉庫1号館 開館記念事業 日本舞台写真家協会展
「 LightOn 」ライト・オン 舞台に魅せられた写真家たち
技術協力:キャノン販売株式会社
2003年 第9回 日本舞台写真家協会展「Stage Photographers Story 1954-2003」(銀座・富士フォトサロン/東京)
2005年 第10回 日本舞台写真家協会展「舞台写真家の現在(いま)」(銀座・富士フォトサロン/東京)
2007年

第11回 日本舞台写真家協会展 創立20周年記念協会展
「その時代(とき)、ときめきの瞬間(とき)」(富士フイルムフォトサロン/東京)

2009年 第12回 日本舞台写真家協会展「Light 舞台からのメッセージ」(富士フイルムフォトサロン/東京)
2012年 第13回 日本舞台写真家協会展「舞台のまなざし」(四谷・ポートレートギャラリー)

JSPS 日本舞台写真家協会 会則

名称 日本舞台写真家協会 JAPAN PROFESSIONAL STAGE PHOTOGRAPHERS SOCIETY
舞台写真家とは:音楽・舞踊・演劇などの写真を職能とする写真家
目的 本会は舞台写真を中心に活動する写真家相互の交流をはかり、舞台写真というジャンルでの職能の確立、向上をはかることを目的とし、もって舞台芸術の発展に寄与しようとするものである。
活動 協会・会員の活動状況等を外部へアピールするために、会報・名簿の発行及び協会写真展の開催。また舞台関係及び写真関係の諸団体との交流をはかる。
会員 会員2名の推薦により舞台写真作家としての水準に達する者を会員とする。
会費 入会金10,000円 、年会費10,000円。
運営 全員の合議により運営委員を決定し、会の活動を進める。会の運営ため必要に応じて総務部・事業部を組織し、会員の手により各活動を進める。また監事を会員より2名選任し、会の運営を監査する。
機関 年1回の総会。状況に応じて会議、懇親会を持つ。
年度 1988年1月1日を発足日とし、年度は1月1日より12月31日までとする。
退会 1年以上の会費の滞納及び、会への活動への参加が連絡無く続いた場合には退会を勧告する。